So-net無料ブログ作成

小説が話題のピース又吉 月に1回母親に安否確認のメール [又吉]

「ニュースになっていたので、驚きました。近くのTSUTAYAでは、すでに『文学界』は売り切れていて買えなくて…。ネットで注文したんですけど、まだ届かないんですよ。早く読みたいです」

 嬉しそうに話すのはお笑いコンビ、ピース・又吉直樹(34才)の母親だ。彼の小説『火花』を掲載した『文学界』(文藝春秋)が異例の重版を記録し、過去最高の4万部に達したことが話題になっている。

 又吉といえば、4本のレギュラー番組のほか、雑誌の連載を5本も抱える売れっ子芸人。読書家としても有名で、移動時は4冊の文庫本を常に鞄に入れ、蔵書は2000冊以上にのぼる。そんな“お笑い文士”の半生を、母親が語ってくれた。

 又吉は大阪府寝屋川市生まれで、きょうだいは姉が2人いる。両親は共働きで、決して裕福とはいえなかった。

「たまに家族で焼き肉店に行っても、会計に気を使って、あまり食べないようにしたり、昔から、優しい子でした」(母親)

 小学校からサッカーを始めたが、性格は当時から内向きだったという。

「グラウンドで保護者たちが水を配るんですが、直樹は取りに来ないで他の友達に持ってきてもらっていました。とにかくシャイなんです」(母親)

 読書に傾倒し始めたのは、中学2年の時。過去のインタビューによれば、国語の教科書で読んだ芥川龍之介の『トロッコ』に感銘を受けたのがきっかけで、その後、太宰治や尾崎紅葉、島崎藤村、谷崎潤一郎など近代文学に手を広げていったという。

 高校はサッカーの名門校に進学し、インターハイにも出場した。だが、他のメンバーがサッカー推薦で大学に進むなか、「お笑いの世界で生きていく」と決めていた又吉は、東京のNSC(吉本総合芸能学院)に入学する。そして、三鷹市にある太宰の旧邸宅跡地に建つアパートに住み、芸人を目指した。

 23才の頃、売れないまま当時の相方が引退し、コンビ解散。又吉は寺に出家しようとしたが、NSC時代の同期で友人だった男に止められる。

「それが現在の相方の綾部祐二さん(37才)だったんです。当時、彼はピン芸人として活動していたんですが、まったく売れてなくて…。コンビで再スタートしたいと思っていたところに、ちょうど又吉さんが1人になっていたので、声をかけて『ピース』を結成したんです。実は以前からキャラ立ちしていた又吉さんを狙ってたんですよ。組めば売れるって」(又吉の知人)

 その後もしばらく不遇が続いたが、2010年『ピカルの定理』(フジテレビ系)出演をきっかけにブレークを果たす。それでも、母親との関係は、売れた今も相変わらずだ。

「月に1回、安否確認のメールをしています。でも今回のことも、たった1行“本が出ます”とだけしか言わないの。雑誌のコラムも読んでいますが、ある意味、それも安否確認のためだったりします(笑い)」(母親)

※女性セブン2015年1月29日号


タグ:又吉直樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます